馬券投票環境

皆さんは馬券をどのようにして投票し、どれくらい購入していますか?

やっぱり実際に馬券を購入して観戦するのが醍醐味ですよね。個人的にはゴール前で馬の足音と歓声が入り混じった状況の中での観戦が一番だと思います。でも、競馬場やウインズ・エクセルまで行けなくて、インターネット投票という方が多いのではないでしょうか。

私の場合も最寄りの馬券売り場まで遠く、毎週馬券を買うのでほとんどインターネット投票です。でも、インターネット投票だと数字を見るだけなのでついつい使い過ぎてしまうんですよね。いつでも入金可能な「即PAT」を利用しているのでなおさらです。私のような毎週馬券を買うような人にとっては馬券買いたい放題なのは嬉しい反面とても危険です(笑)。とはいえ即PATを解約するほどの気概もなく…。

そこでお勧めなのが、「JRAダイレクト」です。クレジットカードで馬券を買うという、一見狂気の沙汰のような買い方ですが、ちゃんと以下のような買い過ぎ対策が取られています。

  1. 購入は1日3回まで。
  2. 1回の購入件数は50件まで。
  3. 1ヶ月の利用限度額は5万円まで。(カードの利用限度額がそれより少なければその金額まで。)

毎回なぜか100円ものシステム手数料が取られること、1回の最低購入金額が1000円(1点ではありません)なことが注意点ですが、この買い過ぎ対策の1日3回までしか買えないというのがポイントで、嫌でも勝負レースを絞るようになってきます。私の場合、JRAダイレクトで勝負レースを絞る癖をつけ、特定の条件のレースと重賞を中心に勝負することで回収率が改善しました。

システム手数料や利用限度額があるので、1日に数千円も馬券を買わないという人や、回収率が100%を超えていてたくさん馬券を買いたいという方にはお勧めできませんが、それ以外の方には結構お勧めということで紹介してみました。なお、的中した払戻金はほとんどの金融機関で月曜日には振り込まれます。


ボックスやフォーメーションで購入するときの点数計算は私も時々利用していますが、下記のページが便利です。

競馬辞典 Tips 組み合わせ数計算


番外:馬券を買わなくても競馬を楽しく観戦できるという人もいるようですが、私の場合どうしても観戦するレースは馬券を買ってしまいます。(馬券を買わずに観戦と買って観戦では、例えるなら遊園地で乗り物を見ているだけか実際に乗るかくらい面白さが違うと思いますので…。)

年間回収率100%超えを目指す馬之助がデータを使いつつも、ひらめき重視のアナログ予想による馬券を公開しています。